絶対に抜いてはいけない!医者も知らない膝に水がたまる原因とは?


今までに何度か膝が痛い経験をされた人の中に膝に水がたまる、いわゆる膝が腫れるということが起こる人がいます。もしそうなった時、あなたはまずどういう行動を取りますか?

 

まず病院に相談してみようというあなた。そこで、多くの人が行なっているオーソドックスな治療のパターンを紹介します。

 

整形外科に行くと膝が腫れているということで、「膝の中の水を抜きましょう」と言われます。そしてその注射がとてもとても痛いんです。

 

膝のたまった水を抜いてもらったことで膝の腫れと痛みが引いて良くなったとホッとして束の間、しばらく経つとまた膝に水がたまる。

 

そして、膝にたまった水をまた整形外科で抜いてもらう。このようなことを何度も繰り返します。

 

あなたが正しい有効な治療を選択する前に、まず膝に水がたまるとはどういうことなのかをお伝えします。

 

私が言いたいのは、膝に水がたまるということにはちゃんとした理由があって、安易に抜いてはいけないという事です。

 

はっきり言いますが、もし今でも膝が痛い、膝に水がたまるというなら抜かない方がいいです。今回は膝に水がたまる理由と、その原因についてお話ししていきます。

 

膝に水がたまる理由は、痛みと腫れで膝を動かせないようにするため!

 

人間の体には防御機能というものがあって、壊れそうになるとそれを守ろうと体が働きます。

 

膝に水がたまるというのはその防御機能の一つで、それがあるために無理をさせないようにしています。

 

それが「痛みと腫れ」です。

 

膝の痛みを脳に感じさせて膝関節を動かせないようにする

 

実は膝関節の中には痛みを感じる痛覚神経はありません。なので膝の中が壊れることによって、痛みは感じないのです。

 

痛みを感じているのは、その周りの関節を取り巻く袋、関節包(かんせつほう)にあります。膝に水がたまることによってこの関節包を水風船のように膨張させて痛みを発しています。

 

痛みがあると、可動域的には動かせても痛みの苦痛のために動かすことをやめてしまいますよね?そのようにして痛みは体から脳に向かって「動かすな!!」というサインを発しているんです。

 

膝の腫れで関節を物理的に動かせなくする

 

 

膝に水がたまるというのはもう一つ大事な役割があって、膝関節の中を水でいっぱいにすることです。

 

そうすると、自分は曲げたくても膝にたまった水のせいで関節の内圧が上がり、曲げれないということになります。

 

この2つの作用によってからだから脳に向かって信号を出しているということがお分かりになっていただけたと思います。

 

そこで、あなたに質問です。

 

膝からのサインを無視して、膝に水がたまると抜くということを繰り返して日常生活を送ってしまうとどうなるでしょうか?そう、間違いなく膝は壊れていきます。

 

だから、膝に水がたまると安易に抜くような行為は私は絶対にしてはいけないと思っています。

 

とは言っても膝に水がたまるということは、膝に何かしらの異常、いわゆる炎症が起きているということなんです!しかしこの炎症、ほとんどの場合、原因は膝にはありません!!

 

では、膝に水がたまる原因は一体どこにあるのか?再発しない正しい治療は何なのか?についても気になりませんか?

 

その内容についてはこちらに書いてあります。

膝の痛みの原因は?間違っても最初に膝を治療してはいけない3の理由

コメント

  1. […] […]

  2. […] 絶対に抜いてはいけない!医者も知らない膝に水がたまる原因とは? […]