半月板損傷を放置するとどうなるのか?


以前に半月板損傷と診断されて、膝の痛みも幸い軽く、治療せずにそのまま放置しているということはありませんか?

検査の結果、手術するほどのものではないような軽度の半月板損傷の場合では、固定やシップなどの処置で終わるケースもたくさんあります。

しかしこの状態、そのまま放置していても大丈夫なんでしょうか?

症状が軽いからといって、半月板損傷を起こしてしまった状態をそのまま放置して置くというのは、実は良いことではありません。

半月板損傷に将来的なリスクはないのか?少しでも膝の状態を良く保つ方法はないのか?についてお話ししていきましょう。

その前にあなたは半月板とはどういうものか?膝関節内でどういう役割をするのか知っているでしょうか?

もし半月板についてあまり知らない方はこちらをチェックしてみてください。

膝ってなんで痛くなるの?まずは膝関節の仕組みから学ぼう。

 

半月板損傷とはなに?

半月板損傷の様子

 

上の図にあるように、半月板損傷とは片方の半月板がめくれる、切れてしまう、押しつぶされてボロボロになる、というようにあらゆる形で損傷してしまう症状のことを言います。

よって損傷の仕方は様々です。

半月板損傷は、スポーツでの怪我、交通事故、転倒など膝にかかる直接の衝撃によって一瞬で起こってしまいます。

しかし直接衝撃がなくても、ゆっくりと損傷を起こすケースもあるのです。

膝が痛いと思って病院に行き、検査を受けて初めて半月板損傷を起こしているということも珍しくありません。

 

半月板損傷を放置するとどうなるのか?将来的な膝のリスクとは?

半月板損傷度合いの悪化リスク

そんな半月板損傷が幸い軽度で、手術するまでもないという場合、まず病院で何か治療するということはほぼないでしょう。

そしたら、そのまま普通に過ごしていいのかとなってしまいますよね?

ここで問題なのが、半月板損傷はそのままにしておくと損傷度合いが悪化するということなんです。

例えば、半月板がめくれた、とか亀裂が入ったという場合その亀裂が大きくなる可能性があるということです。

普通に生活している限り、歩行やしゃがむ、立ち上がるなどの屈伸運動で大いに膝関節を動かします。

その時に関節の中で半月板も一緒に動くため、最初は少しの亀裂だったものがそのうちに亀裂が大きくなってしまうリスクがあるということです。

 

膝のロッキングを起こすというリスク

そうして半月板のめくれや、亀裂が大きくなると、ある時膝関節を曲げた時に半月板が挟まって膝がロックしてしまうということが起こるのです。

一度ロッキングを起こしてしまうと、関節が伸ばすことも曲げることもできなくなってしまいます。

こうなってしまっては、急に膝自体が動かせなくなってしまうので大変な問題に発展してしまいます。

 

このように一度半月板損傷を起こしてしまった人は、軽傷でも悪化するリスクがあるのです。

しかし、軽傷で治療のすべがない場合どうすればいいのでしょうか?

 

半月板損傷と診断された後にしておいた方が良いこと

膝に余計な動きをさせないことが必要になります。

しかし、膝を固定して動かなくしてしまっては日常の生活に支障をきたしますし、何より大げさです。

それに、膝の動きを制限することで他の関節に負担がかかって別の場所を痛めるリスクもなるため、現実的ではありません。

半月板損傷と診断された後にしておいた方が良いこと。

それは骨盤の歪みを整えることです。

その理由は2つあります。

膝関節の中心に体重が乗る姿勢を作ること、もう一つは骨盤の歪みによって起こる足の長さの違いを治して、両足に同じ体重がかかるようにすること。

この2つの条件が揃うことで、膝の余計な動きが制限されて必要な動きのみで体を動かすことができることです。

これにより、さらなる半月板の損傷を最小限に食い止めることができます。

 

半月板損傷は慌てるような重度な怪我ではありませんが、放置しておくのも良くありません。

これから長く膝を使っていくためにも、最善の方法で膝をケアしていきましょう。

 

半月板損傷の手術後に痛みが出る件について

半月板損傷は手術しないで治療できるの?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。

ホームページ・お問い合わせ

Uenishi整体院HP

うえにし整体院ホームページのバナー

公式LINE@

LINE@友達募集

お電話はこちら

うえにし整体院へのお問い合わせ

メール

Uenishi整体院メールバナー
半月板損傷
takashiuenishiをフォローする
慢性腰痛と膝の痛みの原因究明サイト|カラダ再生ラボ

コメント