膝の下が出っぱるオスグッド病、どうやって治療するの?


✔︎子供が膝が痛くて足を動かせなくなった。。。

✔︎膝が痛いというので見てみるとお皿の下がなんだか出っ張っているような気がする。。。

✔︎軽く触るだけで激痛が起こる。。。

それらの症状、ひょっとしたらオスグッド病ではありませんか?

「オスグッド病」

一度は聞いたことあるかもしれませんが、一体どんな病気なのでしょうか?

そしてどうやって治療すればいいのでしょうか?

意外とこの病気の正しい治療法が知られていないので、この記事でお話ししたいと思います。

この病気、甘くみてはいけませんが、ポイントを押さえるだけで簡単に治ってしまうものでもあります。

ではこのオスグッド病は実際にどのような病気なのかを詳しくお話ししていきましょう。

 

オスグッド病とは?

オスグッドの痛みの場所

オスグッド病とは10代のお子様によく起こる膝の病気で、症状は膝関節の下あたりに起こる痛みです。

脛骨(スネの骨)の膝寄りで膝のお皿の下にある脛骨粗面という少し出っ張った場所がありますが、そこに膝を動かした時に強い痛みが出るのが特徴です。

また膝の痛みがある場所を直接手で触ると激痛が走るケースもあります。

運動することでよく起こるため、成長痛と勘違いされることが多いのですがオスグッド病はそれとは全く別物になります。

オスグッド病は脛骨にある脛骨粗面の炎症なのです。

 

原因はいったい何?

膝関節の屈曲

オスグッ病は太ももの前面にある大腿四頭筋という筋肉の過緊張によって起こります。

なぜかというと、大腿四頭筋の筋肉の膝の付着部が脛骨粗面にあるからです。

屈伸やジャンプ、ダッシュ、ボールを蹴るなどといった力強い動作によって大腿四頭筋が固くなり、それによって筋肉は縮み、骨の付着部どうしが引っ張られてしまいます。

それが続くと骨の付着部である脛骨粗面の痛覚神経が刺激を受けて痛みに変わるというわけです。

ということは、大腿四頭筋の過緊張がオスグッド病の原因ということになります。

 

治療にはアイシングや安静が一番良いと聞くけど本当なのか?

結論から言うと、アイシングや安静というのは正解でもあり間違いです。

どういうことかというと、急性期の痛みが強い場合はやはり動かすことで症状が悪化しますから、アイシングと安静で炎症をいち早く取り除くことができ、適切な治療と言えます。

しかし急性期を過ぎると、その治療は効果がなくなってしまいます。急性期の後にすることが本当の意味での治療になり、その方法は大腿四頭筋を緩めることです。

このように急性期の前と後で治療の方法が変わるのがオスグット病です。

 

オスグッド病は意外と厄介!運動を再開すると症状が再発する?

しかし、急性期にアイシングや安静で様子を見て、その後マッサージで筋肉を緩めて適切な治療を施しても、実際にスポーツや日常生活に復帰すると痛みが再発するということが起こってしまうケースがあるのです。

症状が長引き、痛みが引いてもなんども再発するケースは多く、スポーツを抑えざるを得なかったりするケースは意外と多いのです。

こんなことがなぜ起こってしまいのでしょうか?

これは、原因をさらに深く追求する必要があるのです。

それはなぜ太ももの前の大腿四頭筋が固くなったのか?ということです。

これを単に「ハードな運動していたから」とか「少し無理をしたから」で片付けてしまうと、本当の問題解決にはならないのです。

ハードに筋肉を動かしても、ならない人はならないし、なる人はなるのです。

その違いを見ていかなくてはなりません。

その大きな違いの一つとして骨格があります。

 

例えば足裏を見てみた場合、怪我をしやすい人としにくい人には明らかな違いがあります。

それは土踏まずの高さです。土踏まずが適切にある人は、足裏からの衝撃を土踏まずによって吸収できます。

一方、土踏まずがない扁平足や、逆に土踏まずが深いハイアーチになっていると、地面からの衝撃を吸収することができません。

それによって膝の筋肉が衝撃吸収の役割までしなくてはいけなくなるのです。

筋肉の負担が大きくなるので、それだけで簡単に筋肉は過緊張を起こしてしまいます。

よって、運動を再開すると痛みが再発する場合は足裏などの骨格に異常がないかを見ないといけません。

そしてそのような骨格の異常を治すことによって、オスグッド病の再発を防ぐことができるのです。

 

症状が起こった場合、急性の痛みが強い場合は安静やアイシングをするのはもちろんですが、同時に骨格の特徴を検査して、その人の痛みの根本はどこから来ているのかを見つけるというのが大切になります。

そして同時に治療することができれば、圧倒的な速さでオスグッド病は治癒するでしょう。

オスグッド病は、急性期治療をしながら同時に骨格による原因をいち早く見つけることができれば、全く難しい病気ではありません。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

コメント