骨盤と背骨の矯正で内臓病を予防?臓器と骨との密接な関係とは?


骨盤矯正で内臓病の予防??

バカ言っちゃいけませんよ!そんなわけあるはずが、、、?

なんて思っちゃいますよね?

そんなバカみたいなお話をしちゃいます。

病気というのは年齢を重ねれば避けられないもの、そのように多くの方が信じています。

確かに、老化によっていつか生命機能は止まってしまいますから病気を避けるというのは不可能なことです。

しかし、それで全てを諦めてしまうのは私は違うと思います。

諦めてしまうのは無知だからです。

骨格の隠れた役割や臓器と骨格との密接な関係を知らないから、予防の手段を見つけ出すことができないのです。

もし内臓の機能を骨格によりコントロールできて、病気を遅らせる強い体を作ることができるならどうでしょうか?

実際にそれは可能なのです。

今回のお話は、内臓とそれを包みこむ骨格との関係について切り込んでいきます。

もし貴方が、1日でも長く良い状態で自分の臓器と付き合っていきたいのであれば、臓器にとって快適な状況を作ってあげる必要があります。

快適な状況って??

それはこの先を読み進めていってください。

 

骨格は内臓の収納ボックス!

人間の内臓

あなたの部屋を見渡してみれば中には色々な収納ボックスがあり、決まったところに決まったものが入っていると思います。

冷蔵庫には野菜や調味料などの食材が、玄関の下駄箱にはシューズやブーツなどの靴類が、そしてクローゼットは洋服やコートなどの衣類が入っています。

 

これと同じように、体にはそれぞれの臓器が骨という器によって、それぞれの定位置に収納されているのです。

頭蓋骨には脳、肋骨には肺と心臓、そして骨盤には腸や子宮・卵巣がそれぞれ収納されています。

これは固い骨で内臓を保護するという役割もありながら、それぞれの臓器を定位置にキープする役割があります。

各臓器はこれによって、人間のどんな動きによってもその場所から外れることなく、能力を最大限発揮することができます。

これは80年間、内臓機能を維持する上で最も大切なことの一つなんです。

もし貴方が最近内臓の調子がいまいち良くないとか、血液検査でずっと一つの数値が下がらないといった不具合をお持ちなら、年齢のせいという事とは別の原因を考える必要があるかもしれません。

 

内臓のダメージを早めるもう一つの原因とは?

内臓にとって「常に定位置に居続ける」ということは体にはとても大切なんです。

人間は重力に逆らって立ったり座ったりして生活しています。

よって重力の影響をもろに受け続けています。

重力に逆らって立っていられるのは、骨があるからです。

そうです。骨格によって体を安定させるという役割があります。

もう一つ骨格には相反する役割があります。

人間の骨はビルでいうと鉄骨ですが、ビルと大きく違う違う点があります。

それは動きがあるということです。地面に固定されていない。

よって自由自在に動くことができます。

そうです。関節がある事によっていろんな動きをすることができるのです。

しかし、動きがあるという生活の中で、内臓を保護し、その定位置を維持し続けるというのは相反しているとは思いませんか?

そういう両方のことを同時にしないといけないというところに問題が出てきます。

それが背骨や骨盤などの骨に起こる骨格の歪みです。

骨格の歪み

人間は動いて生活しているうちに、動きに癖が生じて、ある方向に歪みが起きてしまいます。

骨格に歪みが起こるということは、内臓の入れ物の形が変形してしまうということです。

綺麗な弁当箱がカバンの中で揺れてへしゃげてしまうのと同じです。

その弁当の中身の具材にも影響が出るのは当然ですよね?

このように、長年にわたる生活の繰り返しで起こった体の歪みが少しずつ起こり、内臓にまで影響を起こしてしまうのです。

 

内臓が歪みの影響を簡単に受けてしまう理由

肋骨の中に肺と心臓、骨盤の中に腸や生殖器、頭蓋骨の中に脳という風に内臓が収まっていますが、どれも隙間はなくぎっしりと詰まっています。

そのような満員電車のような状況で骨格が歪むというのはかなり致命的で、少しの歪みであっても中にある内臓に大きなストレスを与えてしまいます。

内臓が中で押し込められたり引っ張られたりすると、それによって中の毛細血管にダメージがかかったりホルモンバランスに影響が出ます。

これによって、内臓へのダメージが早まってしまい、病気の進行へと移行するのです。

これは明らかに老化とは別の現象です。

また、薬などで症状を改善できるものでもありません。

唯一の方法は、いち早く骨格の歪みを元に戻すことしかありません。

 

骨盤が開くことによって内臓は下に下がる

最近太ってきた女性

「中年になって、体型が崩れてきた。」というお話は良く聞きますが、これも多くの人が年齢によって起こる自然現象だと解釈しています。

実はこの現象は、長年にわたる背骨や肋骨・骨盤などの骨格が歪み、形が崩れてきていることにあります。

「骨盤が開く」という言葉を聞いたことがありませんか?

骨盤が開くことによって骨盤にスペースが生まれます。物質は重力に従って上から下へ移動しますから、内臓も同じようにどんどん下に下がっていきます。

このようになると内臓は定位置から大きく下へ外れてしまいます。

この現象がぽっこりお腹や中年太りといった体型の崩れです。単なる体型の崩れといって甘くみてはいけません!

実際に体型が崩れている人は、そうでない人に比べて病気のリスクが高いのです。

このように骨格の変化によって、内臓は定位置からどんどん外れていき、本来の機能を発揮することができなくなります。

胃もたれやムカつき、便秘や下痢、子宮卵巣などの婦人科系の問題など、

最初は大したことがなくてもどんどん症状が深刻化していくものには、このような内臓が定位置から外れているという現象を無視できないのではないでしょうか?

 

まとめ

このように臓器と骨は想像以上に密接に関係しています。

完全な盲点だったと思いますが、内臓の位置関係を守っているのが骨でありそれを崩してはいけないということもお分かりいただけたかと思います。

骨盤矯正や背骨矯正が、あたかも見た目の矯正だと、メディアもお店も謳っていますが、実際のところは、体の機能維持を目的とし病気の予防に役立つとても大切な効果があるということなんです。

その点をしっかり理解していただいた上で、正しく健康を維持していただきたいと心から思います。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。

ホームページ・お問い合わせ

Uenishi整体院HP

うえにし整体院ホームページのバナー

公式LINE@

LINE@友達募集

お電話はこちら

うえにし整体院へのお問い合わせ

メール

Uenishi整体院メールバナー
内臓の病気
takashiuenishiをフォローする
慢性腰痛と膝の痛みの原因究明サイト|カラダ再生ラボ

コメント